2014年04月19日

映画「紅の豚」について & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 24 $の勝ち

今年の夏は特に涼しいですねオッケー★⌒c( ̄▽ ̄)マカシトキィ!

ということで恋人がいない日々がかなしくなります~。。。ピョン ミ ピョン ミ(ノ・o・)ノ

お見合いパーティでも行こうかな(〒_〒)ウウウ

クリスマスイブへの仕度をそろそろせんとな~マタネー!!.....((((((○゚ε゚○)ノ~~   |出口|

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ここ最近映画にぞっこんLOVEなので映画のレビューをご紹介させて頂きたいと燃えております!!!!パチ☆\\ ̄ー ̄)( ̄ー ̄//☆パチ

え!?お前の感想ではないの??
なんて感想はスルーでヽ(▽^〃ヽ)ヽ(〃^▽^〃)ノ(ノ〃^▽)ノ ワーイワーイワーイ♪


今回は「紅の豚」の感想ですね。(_ー_)逆ニヤリ


この映画が作られた年は1992年です!

監督は宮崎駿で、脚本が宮崎駿です!。・:*:・゚★,。・:*:・゚☆ very d(*⌒▽⌒*)b good 。・:*:・゚★,。・:*:・゚☆

この映画でメインで出てくるのは、ポルコ・ロッソ (声優は森山周一郎)です「(゚~゚o)ウゥーン

この映画に出てくるキャラを列挙すると、ポルコ・ロッソ、マダム・ジーナ、ピッコロおやじ、マンマユート・ボス、フィオ・ピッコロ、ドナルド・カーチス、空賊連合ボス、空賊連合ボス、空賊連合ボス、空賊連合ボスって感じですねピース v(≧∇≦v)三(v≧∇≦)v ピース

一番最初に観たときは、あまり印象に

残らなかった。





しかし、何回観ても見飽きず、観るたびに

心に染みる味が増してくる。



古き良き時代のカッコイイ野郎ども、

そしてたくましく強い女たち。





宮崎作品にはムスカ以外に決定的な悪役が

でてこないが、この映画も出て来るキャラの全てが

魅力的。



あのなんともいえないエンディング、

流れる加藤登紀子さんの「時には昔の話を

」・・・うーん、渋い、大人の映画だなぁ。







■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

麻雀の役って一杯ありますよね~( =①ω①=)フフフ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!
という事で、今回は一盃口を説明したいと思います!!ヘ(◇、 ̄)ノ~ ウヘヘヘ...



一盃口(イーペーコウ)とは、同種の順子(シュンツ)が2つある時に成立するあがり役です。門前でないと成立しないんだ。一般高とも表記され一色二順という別名もあります。

断公九やピンフなどと絡みやすい役なので、覚えておくと役に立ちます。

また、待ち牌によってイーペイコウとならない場合もあります。
例えばこういう時ですね。

5ピン 6ピン 7ピン4萬 4萬 4萬二萬二萬三萬三萬四萬 五萬五萬



この時、一萬か四萬であがりとなりますが、一萬で上がる際は、同種の順子が2つとならないため、一盃口(イーペイコー)は成立しないんだ。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

一盃口(出現割合:4.75%)
手牌の中で同じ順子を2種類で成立する役。
牌効率を考えながら打つと「4556」等で5を切らずに「3467」を引いてくっつけようとすると案外簡単にできたりもする。狙いに行く、というよりは視野に入れて打つといったスタンスが望ましい役だ。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じの説明です。( ̄~ ̄;) ウーン



DORA麻雀 スレ

今晩はこの辺で
けど今日は手が痛いなあ
明日もあるしおやすみ~オ((゚0゚| ヤ((゚o| ス((゚| ミ!((三[家]o_ω_)ozZZ



おすすめ記事




posted by Q感謝感謝 at 17:35| Comment(0) | DORA麻雀 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。