2014年04月19日

映画「リトル・ブッダ」に関して & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 148 $の負け

今秋はさみーですヾ( ̄ω ̄〃)ノヾ(_ _〃)ノヾ( ̄ω ̄〃)ノヾ(_ _〃)ノウンウン

ということでサンマが美味しい季節になりますo( ̄ー ̄)○☆パンチ!

サンマに合う食べ物なら切干大根でしょうねヾ(≧▽≦)ノ イヒヒヒー♪


これにきゅ~っと「越後杜氏」を飲むと最高です(*'∇')ウフフフフ

------------------------------------

映画って本当に面白いですよね~
そう思うたびに映画の魅力を紹介したい!と考えています!!!!川o'-')フフ♪
と言ってもyahooレビューですがィェィ♪(v〃∇〃)ハ(〃∇〃v)ィェィ♪


今回は「リトル・ブッダ」の感想を紹介しようかと思っています!(o゚▽゚)o゚▽゚)o゚▽゚)oニパッ ニパッニパッ


この映画が作られた年は1993年です

この映画の主役はキアヌ・リーヴス (シッダールタ王子)やブリジット・フォンダ (リサ・コンラッド)です!!!σ( ̄、 ̄=)ンート・・・

もっと難解な作品だと身構えていたので

すが、王子が悟りを開いていく物語は

分かり易く、映像の美しさ、キアヌの意外なハマリ具合もあって予想していたより楽な気持ちで

見ることが出来る作品です。



神秘的で美しいおとぎ話のような世界。



西洋の人間の目には東洋の仏教の精神世界は

それ自体神秘的なものに見えるので

しょうか。



もっと難解で見づらい作品になっても仕方が

無いテーマの作品ですが、おとぎ話のような美しい世界観と現代の子どもの目線を

取り入れたこともあり、長さは感じますが

見やすさがある作品でした。





------------------------------------

麻雀の役って一杯ありますよね~(*`▽´*)ウヒョヒョ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。
という事で、今回は七対子を説明したいと思います!!!ヘ(゚¬゚)ノ~ ウケケケ...


対子(トイツ)を7つそろえる特別な和了り役です。

通常のホーラりの形は「4面子1雀頭」ですが、
この七対子はトイツを7つ揃えればあがりとなる、非常に特別な役になっています。

全部2枚ずつだという意味からニコニコとも呼ばれます。

2飜

門前(めんぜん)だけ



注意
見た目では、七対子とイーペーコー(イーペーコー)が成立しているように見える際でも、
成立役は七対子のみとなります。

中張牌(チュウチャンパイ)だけで七対子を作れば、断公九(タンヤオ)はつきますヾ(〃⌒ ー―――⌒)ノ~~コンニチワァ♪


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

七対子(出現割合:2.52%)
役満である国士無双を除くと唯一の特殊形がこの七対子。
もちろんDORAでは符計算はそのまま採用なので、点数自体 「二飜=1,600/2,400、三飜=3,200/4,800、四飜=6,400/9,600」(子/親)と計算される。
尚、七対子なので同じ槓子(同じ牌が4枚)は認められない。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じ(-ω-;)ウーン


この辺りで!
今日は何故か太ももが痛い。。治ってほしいなあ。。
お休みなさい┌|^o^|┘オ┌|^O^|┘ヤ┌|^・^|┘ス┌|^-^|┘ミィ



おすすめ記事




posted by Q感謝感謝 at 10:19| Comment(0) | DORA麻雀 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。