2014年04月19日

映画「シークレット ウインドウ」の感想 & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 194 $の負け

先月受けた検査の結果が戻ってきた(='m') ウププ

その結果はというと
健康ブワッハハ!(▼▽▼)人(▼▽▼)ブワッハハ!!

あー、問題無くてよかった
ここの所、野球週2,3日してるせいだろうか?(^O^)/C□☆□D\(^_^ )カンパーイ!

来週からも継続しよっとヘ(^∇^ヘ)ヘ(^∇^ヘ) ウヒョヒョ

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

映画って本当に面白いですよね~
だから映画の感想を紹介したいと考えています!!!!ヽ(゚▽゚*)乂(*゚▽゚)ノ バンザーイ♪
と言ってもyahooレビューに載ってる感想ですがV(○⌒∇⌒○) イエーイ


今回は「シークレット ウインドウ」の感想を紹介しようかと思っています。(`∇´ )にょほほほ


この映画が作られた年は2004年です。

監督はデヴィッド・コープで、脚本がデヴィッド・コープです!!!♪♪v(⌒o⌒)v♪♪イエーイ

この映画のメインは、モート・レイニー演じるジョニー・デップです!!!!「(ーヘー;)え~と...

取り敢えず、この映画の他の俳優さんを役柄込みで列挙すると、ジョン・タートゥーロ (ジョン・シューター)、マリア・ベロ (エイミー・レイニー)、ティモシー・ハットン (テッド・ミルナー)、チャールズ・S・ダットン (ケン・カーシュ)って感じですね。( ̄∇ ̄*)oグッド!!d(* ̄∇ ̄)。

なんとなく見たことある映画だなとおもってしまうところが

悲しいです。



というのも、2重人格というオチが

途中でわかってしまうところ。





そう映画で思ってしまうと、サスペンスで

の推理をして、ハラハラして緊張する段階まで

いかなかったな。



これは、きっと小説で読むといんだろうね。



それにしても、ジョニーデップってのは

、かっこいいだけでなく、雰囲気が

ある役者だね。



うらやましい限りです。





◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

麻雀の役って一杯ありますよね~(~0~)/□☆□\(~▽~ ) キャンパーイ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。。
という事で、今回はハイテイに焦点を当てたいと思います。ヽ(´▽`)/へへっ


海底撈月(ハイテイ自摸)及び河底撈魚(ホーテイロン) 一飜


一局の中の全面的にの対局者の中で、
一番最後の捨テ牌となる牌であがりとなる役。


自分のツモで和了れば"ハイテイ自摸"、
相手が河に捨てた牌であれば"ホウテイロン"となるんです。

この役は偶然役と言われるので、
先付け以上のルールが採用されているところでは、
他に確定役がなければ上がることはできない(・・;)


複合役:すべての役(役満はルールによる)


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


DORA麻雀 レート

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ハイテイ(出現割合:0.94%)
ハイテイには2種類あります。
河底撈魚
最後の牌で出上がりした時に付く役。
実は出現割合:0.63%以上に遭遇している感覚は強いはず。というのも、基本的に麻雀で流局になることもあまり無いが、ラス牌などはリーチをしている状態やテンパイ維持が他家も頭の中を過ぎるはず。456の危険牌なんてそうそう捨てないイメージもあるが、そうでなくともこちらのテンパイが16巡目なども麻雀ではシバシバある。期待するほどではないが、「もしかしたら……」ぐらいで考えておくと良いかもしれない。

海底摸月
最後に引く牌でツモ上がりをすること。狙ってできないのは当然で、視野に入れて打つ必要も全くない。トップを取りに行ってる最中でどうしても点数が足りない時、裏ドラに賭ける状況は全く無くは無いが、さすがに海底摸月は狙いにいけない。上がったらラッキーぐらいに思っておきましょう。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じの説明です。(ーΩー )ウゥーン


今から2時間後にはついに高校の時の塾の友だちとの麻雀だよ♪
楽しみだ(○゚ε^○)v ィェィ♪

DORA麻雀




おすすめ記事




posted by Q感謝感謝 at 02:54| Comment(0) | DORA麻雀 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。