2014年04月07日

映画「リトル・マーメイド」に関して & DORA麻雀の役「三色同順」

さ!スポーツの秋だから、
スポーツを始めようかね(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

どんなのがいいかな~?・・・(゚_゚i)タラー・・・
手軽にできるスポーツと言えば剣道でしょうか
儂にとっては(〃゚д゚;A アセアセ・・・

さりとて、独りでやるとやると続けるのはむずかしいだろうな~((-_-。)(。-_-))イエイエ
誰か一緒にやれる仲間募集ヘ('◇'、)/~ ゥヶヶヶ...

●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯

映画って本当に面白いですよね~
そう思うたびに映画の感想を紹介したいと思います!!┗|*`0´*|┛ワッハッハ!!
と言ってもみんなのシネマレビューにある感想ですが(・x・)ぷっ


本日は「リトル・マーメイド」の感想を紹介したいと思っています。\(o⌒∇⌒o)/


この映画の製作年は1989年です!

監督はジョン・マスカーとロン・クレメンツで、脚本がジョン・マスカー、ロン・クレメンツです!!|* ̄ー ̄|

この映画のメインは、アリエル (ジョディ・ベンソン)とかトリトン (ケネス・マース)です!!!!(ーー;).。oO(想像中)

この映画に出てくるキャラを列挙すると、アリエル、トリトン、セバスチャン、ルイ(シェフ)、キャロッタってな感じばんざーい!ヽ(▽ ̄ )乂(  ̄▽)ノ ばんざーい!

アカデミー賞の美女と野獣よりも好きな作品で

す。



一般的な人魚姫は悲恋なので、子ども向け作品とは

いえ昔からあまり好きではなかった…。



でも、これはうまい具合にハッピーエンド。

ディズニーだからこその結末ですかね。

でも、この話面白いですよ、人魚姫とは

またひと味違ってる。



ストーリーも良いけど、サントラが

さらに素敵。



人間の世界に憧れてアリエルが一人歌う曲、

フィリップを遠くから見守って歌う曲、

これ(・∀・)イイ!!ディズニー映画は

昔にさかのぼるに連れて、傑作ですな。





●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯

麻雀の役って一杯ありますよね~。┌(* ̄0 ̄)┐ ワーッハッハッハッ・・・・
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!
という事で、今回は三色同順に焦点を当てたいと思います!!Ψ| ̄ω ̄|Ψブヒャヒャヒャ!!


数字牌には3つの種類がある。

3つの種類で同じ並びの順子}を揃えると、
三色同順という役が成り立つ。

例えば、索子、筒子、萬子それぞれで123という順子(しゅんつ)}を作った時に成立するんだ。

面前(メンゼン)で作れば2飜ですが、鳴いて作っても1飜の役になるんですヽ(=´▽`=)ノ

なお、順子(しゅんつ)}ではなく刻子で三色同じものを揃えると三色同刻という役になり、こちらも役の数は同じです。

難易度は三色同刻のほうがはるかに高いから、
ルールによっては1飜ずつ高くなってることもあります。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう



------------------------------------------------------

三色同順(出現割合:3.46%)
三人麻雀を好む人は三人で打つ麻雀のテンポを好み、逆に四人麻雀を好む人は三色があるから四人麻雀! と言われるぐらい人気のある手だ。
牌効率と平和を視野に入れて打つとき、選択肢の一つとして睨んでおかなければいけないのが三色同順。二翻役でいながら基本的に平和が絡むので、四飜で満貫が見えると錯覚しがちだが、実際には20符四飜=5,200点や30符4飜で7,700点になりやすいので初心者でトップを狙う場合は注意が必要。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じ( ̄~ ̄;) ウーン


本日はこの辺で!
けど今日は何故か足が痛い。。治ってほしいなあ。。
疲れたので寝よ~っと(*⌒○⌒*)おー(*⌒▽⌒*)やー(*⌒o⌒*)すー(*⌒ー⌒*)みっ♪

DORA麻雀の評判




おすすめ記事




posted by Q感謝感謝 at 03:58| Comment(0) | DORA麻雀 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。