2014年04月06日

映画「トゥルー・グリット」に関して & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 167 $の負け

う~ん。まずい!体重が増えてきた。・゚・(ノε`)・゚・。
減量し始めないとヤバイ

こないだ黒豆茶を幼稚園の時の友達にめっちゃ効果が高いと言われたんで
これから飲み始めてみよっかな( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

映画って本当に面白いですよね~
だから映画の感想を紹介したいと燃えております!!°゚°。。ヾ( ~▽~)ツ ワーイ♪
ってyahooレビューに載ってる感想ですがv( ̄ー ̄)v


今日は「トゥルー・グリット」の感想ですね!!!!ヾ(T∇T)ノ彡☆ギャハハ!!バンバン!!


この映画の製作年は2010年です!!!

監督はジョエル・コーエンとイーサン・コーエンで、脚本がジョエル・コーエンとイーサン・コーエンです!!!!(@⌒ο⌒@)b ウフッ

この映画の主役はジェフ・ブリッジス (ルースター・コグバーン)です。( ̄ヘ ̄)ウーン

取り敢えず、この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
ジェフ・ブリッジス (ルースター・コグバーン)、ヘイリー・スタインフェルド (マティ・ロス)、マット・デイモン (ラビーフ)、ジョシュ・ブローリン (トム・チェイニー)、バリー・ペッパー (ラッキー・ネッド・ペッパー)、レオン・ラッサム (保安官)って感じですね。o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o イエーイ

かなりウェルメイドな西部劇。





節々にコーエン兄弟的なシュールさは

見られますが、そこまでゴリゴリで

はないため、比較的見易い映画。



『ファーゴ』や『ノーカントリー』路線が

好きな人には間違いなくオススメ。



ジョシュ・ブローリンやバリー・ペッパーは

出番が少ないながらも存在感を魅せてくれますので

、彼らのファンならば更に楽しめるかと思います。

ジョシュ・ブローリンが荒野に佇む姿を

見て、『ノーカントリー』のシガーが

突然襲ってくるんじゃないかと思ってドキドキしちゃいました。

















◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

麻雀の役って一杯ありますよね~(o ̄ー ̄o) ムフフ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
という事で、今回は緑一色に焦点を当てたいと思います!きゃははは(o_ _)ノ彡☆ポムポム☆ミヽ(_ _o)


手牌全てを緑色の牌だけで染めて上がる役です。

具体的にはソウズ(索子)の2,3,4,6,8と發を使って
面子(メンツ)をそろえて上がると成立する役。

ソウズの1,5,7,9は赤色が少し混じっているため除外されちゃう(〃゚д゚;A アセアセ・・・



大三元や字一色などと同様に鳴きについて制限はないが、
必要牌が6種24牌しかないため、役確定のために何度も鳴いてしまう時が
あんまりで、結構警戒されやすい手の一つでもあります(・-・*)ヌフフ♪

役満の構成牌をチー(234のみ)でも作れる唯一の役満です('-'*)フフ


もともとこの役は、日本にも中国にも存在せず、
アメリカで"All Green"という役が考案されていただけの超ローカルなものであった。

だがしかし現在は逆輸入され、役満の一つとしての地位を与えられている。
(ちなみに七対子(ちーといつ)もアメリカから逆輸入された役ですね。)


また、アメリカから入ってきた当時は、
發がないと役が成り立たないような規則になっていたようだけど、
現在では發の有無を問わないのが普通なっている( ̄ー ̄; ヒヤリ


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

緑一色(出現割合:0.0011%)
ソーズの2.3.4.6.8.發の緑のみで作られた手。
理論上は發を含まずにも完成でき、さらにルールによっては發を必ず含まなければいけない場合もある。DORA麻雀では發が無い場合でも緑一色ならば役満の扱いとされる。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じ( ̄-  ̄ ) ンー



dora麻雀での入金方法は?Ⅳ


人生の中の麻雀。麻雀の中の人生。

今から14時間後にはついに浜の友だちとの麻雀だよ♪
楽しみだなあ~~(`ー´) クククッ

DORA麻雀の日々




おすすめ記事




posted by Q感謝感謝 at 06:05| Comment(0) | DORA麻雀 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。