2014年04月02日

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 63 $の勝ち & 映画「暗くなるまで待って」の感想

この夏は涼しいですね(・o・)ノ ハーイ!!

ということで人恋しくなってきたりしますカサコソカサコソ、、、 (_ _ヘ))))...

ナンパにでも行こうかな(Tーヾ)エグエグ...

Xmasに向けての仕度もしないとヤバイしな~"(/へ\*)ウゥ… (/ー゚\*)チラ、ウソナキヨン

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ここんとこ映画にハマりまくっているのでオススメ映画の感想をご紹介させて頂きたいと思います!!!才≡⊃"├!(*'-')//”パチパチ☆

ってテメエの感想じゃないの?
って突っ込みはスルーでV(○⌒∇⌒○) ルンルン


今回は「暗くなるまで待って」の感想を紹介したいと思っています。( ^_^)/▼☆▼\(^_^ ) カンパーイ


この映画の製作年は1967年です!!!!

この映画の主役はスージー・ヘンドリックス演じるオードリー・ヘプバーンです!!(━_━)ゝウーム

この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
オードリー・ヘプバーン (スージー・ヘンドリックス)、エフレム・ジンバリスト・Jr (サム・ヘンドリックス)、アラン・アーキン (ロート)、リチャード・クレンナ (マイク)、ジャック・ウェストン (カルリーノ)ってな感じわあい\(^▽^\)(/^▽^)/わあいっ

原作は「ダイヤルMを廻せ!」でも有名なフレデリック・ノットの大ヒット舞台劇。



展開が殆どヒロインの住むアパートの一室に

限定されているのも、概ねこの理由に

よる。



勝因の第一は矢張りノットの原作の秀逸さだろう。



第2の勝因は(珍しく)気合いの入ったテレンス・ヤング監督のサスペンス演出。





三人の怪しい男たちの訪問を静かに

抑制の利いた演出で描きつつ、クライマックスで

はヤング本来の持ち味である畳み掛けるような強烈さで

一気に盛り上げる。



”メリハリが利いている”という表現が

正に相応しい。





殊にオードリーが部屋中の照明を消して真っ暗闇に

する場面、アラン・アーキン演じるロートが

暗闇で冷蔵庫を開ける場面は凄まじいスリル!!出演者で

はオードリーも確かに悪くはないが

、如何せん38歳ではチト老け過ぎており、

往時のフレッシュな魅力には遠く及ば

ない。





個人的にはアラン・アーキンがMVPかな。

本来は善人役を得意としており、ロート役は

全くタイプ的に異色の役柄であるに

もかかわらず、凄味を利かせて怪演していたと思う。



リチャード・クレンナやジャック・ウェストンも上手いが

、今イチ印象が弱い。





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

麻雀の役って一杯ありますよね~。ヾ(@^(∞)^@)ノわはは
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。
という事で、今回は立直を説明したいと思います!!わぁいヽ(ω・ヽ)(ノ・ω)ノ わぁい♪


テンパイしたあとに「立直」と宣言をして、
捨て牌を横に曲げてから1000点棒を場の中央におくと成立します。

リーチ(立直)したあとは、手変わりができないルールがあり、
アガルまでツモ切りします。

例外としては待ち牌(ホーラ牌)が変わらない暗カンはできます。

だがしかし、和了り牌が出たからと言って、必ず上がらなければいけない訳ではありません。

自摸った時も同じ。


テンパイしていない立直は、流局時にチョンボ(満貫払い)
となります(ミスだとしても注意不足として嫌がられます)。

鳴いた場合にはルール上、リーチ(立直)はできませんσ(^_^;)アセアセ...


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

立直(出現割合:45.1%)
面前であることが絶対条件。麻雀でテンパイできる状態で、リーチを宣言するだけ。
通常の麻雀とは少し違い、赤ドラが無いDORA麻雀では裏ドラに頼りたいので立直をガンガンかける初心者の様な打ち方も案外悪くないかもしれない。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じの説明です。('-';A エーット,,アノォ..ソノォ...


今から6時間後にはついに待ち焦がれた大学院1回生の友だちとの麻雀だよ♪
早く来ないかな、( ̄▽ ̄)V いえーい!

DORA麻雀のルールは?




おすすめ記事




posted by Q感謝感謝 at 17:51| Comment(0) | DORA麻雀 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。