2014年04月02日

映画「少林寺三十六房」の感想 & DORA麻雀の役「四槓子」

今日は8時から雷雨ですって∑(゚Д゚)アァ!?

雨だったら面倒だな~感(┳∧┳)動

彼女との約束があるんですよね[壁]_☆)キラーッ
まっ、いっか~♪
キャンセルキャンセル(*'-')ゞリョウカイ♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

映画って本当に面白いですよね~
そう思うたびに映画の魅力を伝えたい!と思います!!!!ヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!
とは言ってもyahooレビューですがィェ‐ィ v(´▽`v)))))).......((((((v´▽`)v ィェ‐ィ


今回は「少林寺三十六房」の感想を紹介したいと思っています!!!。( ̄∇ ̄*)oグッド!!d(* ̄∇ ̄)。


この映画の製作年は1978年です!!!!

監督はラウ・カーリョンで、脚本がエリック・ツァン、ニー・クァンです!!!(。・m・)クスクス

この映画のメインは、三徳(サンダ)演じるリュー・チャーフィです!!!!( ̄_ ̄ )。o0○(ウヘヘ…)

この映画の他の俳優さんを役柄込みで列挙すると、ロー・リエ (天達(ティエン将軍))、ワン・ユー〔男優〕 (春米六(チュン・ミリュウ))、チョイ・シウキョン (陸阿采(ルー・アーツァイ))、ユー・ヤン (洪熙官(ホン・シークァン))、ワー・ルン (張向榮(チャン・シャンヤン))、ラウ・カーウィン (殷天忠(イン将軍))、フランキー・ウェイ (何廣漢(ホー・クァンハン))、ウー・ハンシェン (童千斤(トン・チンカン))、チェン・ズーチャ (陳燕萍(チェン・インピン))って感じですねげははははは_(__´Д)ノ彡☆ばんばん!

いやー、面白い!今までのカンフーアクション映画の中で

一番の出来。



ブルース・リーやジャッキー・チェンを

見てきましたが、こんなにワクワクして先が

見たくなったのは初めて。



少林寺の修行がこの映画の最大の魅力。



三十六房というのは、修行を行う房の数。



第一房がいちばん簡単だと思ったら、

第三十五房から始まる。





それぞれの房は、一見簡単そうに見えて、

それをマスターするのは至難の技。



それを陰の根性で次々に突破していく痛快さが

たまらない。



それを乗り越えて、在家に下って勧善懲悪を

為すというのも痛快極まりない。



実際にこんな修行があったのか、とても気に

なる。





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

麻雀の役って一杯ありますよね~。( * ^)oo(^ *) クスクス
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
という事で、今回は四槓子に焦点を当てたいと思います。ニヤリビーム!!(ノ ̄ー ̄)‥‥…━━━━━☆( ̄  ̄)………( ̄∇ ̄)ニヤッ


刻子(こうつ)というのは同じ牌が3枚揃っている状態のことですヽ(;´Д`)ノわらいすぎた~っ!!

さらに1枚加えて4枚にすると槓子(4枚組)となります。
槓子(カンツ)はそのまま持っていると4枚だから1枚多く、
カンを宣言することで初めて1つの面子(メンツ)となる。


この槓子を4つ作ると、四槓子(スー槓子)という役満になるんです。

カンをした時にツモるための牌はカン山というところにあるのですが、
それは合計4枚しかありません。

つまり、四槓子(スーカンツ)というのは自分以外の誰かがカンをしてしまうと新たなカン牌が
足りなくなるので、成立しない(;^_^A アセアセ・・・


このような意味においても希少度は非常に高く、まさに役満の中の役満ですコロコロ(‥)(: )(¨)( :)(‥)( v^-゚)⌒☆ブイ!(゚∇^*)v⌒☆ブイッ!


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

四槓子(出現割合:0.000234%)
都市伝説クラスの役満。
カンを四回すれば良いだけと説明は非常に簡単だが、実際に目にする機会は殆ど無い。
確率的にはワンランク下の三槓子で出現率の高い役満と同じぐらいの確率。
そこからさらにもう一度カンをするといった確率は、想像以上だろう。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じの説明です。o( ̄ー ̄;)ゞううむ


今日はこの辺で
今日は何故か頭が痛い。。治ってほしいなあ。。
疲れたので寝よ~っとお( ̄o ̄) や( ̄O ̄) す( ̄。 ̄) みぃ( ̄ー ̄)ノ”

麻雀ならこのブログ




おすすめ記事




posted by Q感謝感謝 at 10:12| Comment(0) | DORA麻雀 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。