2014年03月26日

DORA麻雀の役「天和」 & 映画「眠れる森の美女(1959)」に関して

う~ん。まずい!体重が増えてきた[岩陰]T-T)ダー
減量し始めないとヤバイ

この間、ダイエットプーアール茶を予備校の時の友人に薦められたんで
試しに初めてみよっかな(;^_^A アセアセ・・・

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

映画って本当に面白いですよね~
だから映画の魅力を紹介したい!と考えています!!(≡ ̄ー ̄≡)ニヤドラ
ってみんなのシネマレビューですがヽ(´□`。)ノ・゚ヤッタアァァアァン


本日は「眠れる森の美女(1959)」の感想について紹介しようかと思っていますキャーゞ(^o^ゝ)≡(/^ー^)/"""パチパチ


この映画の製作年は1959年です!!!!

監督はクライド・ジェロニミとウォルフガング・ライザーマンで、脚本がウィンストン・ヒブラーとビル・ピートです!!!v(´  ・   ω   ・  `)vピースピース♪

この映画のメインは、妖精 フローラ (ヴァーナ・フェルトン)です"o(-_-;*) ウゥム…

この映画に出てくるキャラを声優さん込みで列挙すると、
妖精 フローラ (ヴァーナ・フェルトン)ってな感じ。( ̄  ̄)………( ̄ー ̄)ニヤ

子供の頃、美しいオーロラ姫に胸をときめかせ、

王子と竜の対決をどきどきしながら観ました。



たしかに、姫が眠っている印象しかないのは

、この作品の紹介の絵が、例外なく全て眠っているものを

使っているからなのでしょう。



起きたとき、大あくびして背中をぼりぼりかいたら受けるだろうな、

などと考えるようになったのは、純粋さなどとっくに

無くなった大人になってからです。







◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

麻雀の役って一杯ありますよね~《《《《♪♪(*´▽`*)ノ゛うふふ~
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!!
という事で、今回は天和に焦点を当てたいと思います!!!あひゃひゃひゃひゃ(≧∀≦*)


親の際に配られた時点で完成している

自分が親の時、配牌された状態であがりの形が揃っていた場合に成り立つ役満です。

一生に1回あるかないかといった奇跡的な役満ですよね。

説明としては簡単で配られた際に完成していれば役満「天和(てんほー)」になります。

「完成している」は通常の3枚1組のグループが4つと雀頭の形、
もしくは「七対子型(七対子型)」と後ほど紹介する「国士無双型」が該当します。

特に技術を必要としないんだ、まさに天からの授かりものといった感じですね。

数学的な確率では33万回に1回と言われているので、本当に気の遠くなりますような時間がかかりますね(||| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)アウッ

長年のキャリアを持つ雀士でも、ホーラしたことがある人のほうが珍しいでしょうサンッ ハイッ!(ノ^▽^)ノ ̄ w(゚0゚*)w オォー w(゚⊿゚;)w オォー w(゚ロ゚;)w オォー


天和(てんほー)は親の順番の場合にだけ与えられた役になる…o(;-_-;)oドキドキ♪


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


------------------------------------------------------

天和(出現割合:0.000003%)
麻雀の役の中で一番出にくい役。
ダブル立直ならばちょくちょく見れるが、確率的に33万分の1と言われている役満。
しかし麻雀人口が圧倒的に多い日本では見たことがある、出したことがあるという人もちらほら。賭け麻雀の場で実際に目の当たりにしたらその人間が何かしていないか疑うレベルの役満だ。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じの説明です。(・へ・;;)うーむ・・・・


本日はこの辺で!
今日は何故か指が痛い。。治ってほしいなあ。。
明日もあるしおやすみ~お(ノ ̄0 ̄)ノや(o ̄・ ̄)oす(。_ _)。みzzz..



おすすめ記事




posted by Q感謝感謝 at 03:05| Comment(0) | DORA麻雀 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。