2014年03月21日

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 174 $の負け & 映画「追撃者」の感想

一昨々日も軽い雨だったなε~ε~ε~(; T_T) テクテク

雨のおかげで汚い服がかなり溜まってしまったからな~。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。 ウワァーン!!

きょうは洗濯だニャハ(o(*^▽^*)o)( ^^)( ^)( )(^ )(^^ )(o(*^▽^*)o)ニャハ
ついでに心の洗浄もするか~~U=^▽^)キャッキャッキャッ

----------------------------

映画って本当に面白いですよね~
・・・という訳で映画の魅力を紹介したい!と燃えておりますd(⌒ー⌒) グッ!!
とは言ってもヤフーにある感想ですがキャハハ!!彡ヾ(▽≦*)ツ...ヾ(*≧▽)ノ彡キャハハ!!


本日は「追撃者」の感想について紹介しようかと思っていますキャハキャハ!!(^Q^)/゙


この映画の製作年は2000年です!!!!

監督はスティーヴン・T・ケイで、脚本がデヴィッド・マッケンナです。♪v(*'-^*)ゞ^;*・'゚☆ブイ☆

この映画でメインで出てくる人はジャック・カーター演じるシルベスター・スタローンです!!!( ̄~ ̄;) ウーン

この映画の俳優さんは、シルベスター・スタローン、ミランダ・リチャードソン、レイチェル・リー・クック、ローナ・ミトラ、ジョニー・ストロング、ジョン・C・マッギンレー、アラン・カミング、マイケル・ケイン、ミッキー・ローク、クリスタル・ロウって感じですねo(≧∇≦o)(o≧∇≦)o イエーイ

■僕が敬愛する二大スター、シルベスター・スタローンとミッキー・ロークの競演!■…という意味以上の価値を

見出しづらかったのは、いたく残念で

ある。

■なんか集中力が途切れてしまって、

事件の真相、というか、ストーリーそのものが

イマイチつかめなかった。

■で、スタローン。



実質的な前作である『コップランド』当時宣言していた演技派への脱皮を

早くもあきらめた感があって、やや残念。



ただ、この主人公のキャラクターに

、愛を秘めた不器用男ロッキーの面影もちらついて、

ちょっと興味深かった。



■次、ミッキー。





そりゃ全盛期当時の色男っぷりを期待する方が

間違ってる。



ま、まだこの頃は整形の悪影響も顕著で

なく、充分セクシーじゃないかとも思うが

(序盤でサングラスを外すシーンは

、整形の具合があらわになるかと思ってさすが

にドキドキした。



本作の公開時から整形失敗疑惑があったんだとしたら、

なんとも意地悪な演出である)。



ミッキーは、当時のイメージを払拭すべく、

大胆な路線転換を目論んでいたはずだ。





転換したいからヴィジュアルを変えたのか(ネコパンチを

後悔している場合)、ヴィジュアルが

変わってしまったことが原因なのか(ネコパンチを

後悔していない場合)は分からないけど。

いずれにせよ、主演作で金獅子賞獲ってしまった今だから言えることで

はあるけど、この路線転換は大正解だったことは

間違いない。



■というわけで、両者にとって、俳優としての路線を

今後どうしようというという局面に

おいて、幾らか重要な映画だったのかもしれない。

『ゴッドファーザー』並みの重厚なマフィア映画で

二人の共演があったら、さぞかし面白いと思うのだが







----------------------------

麻雀の役って一杯ありますよね~。(ノ∇≦*)キャハッッッ♪
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!
という事で、今回は三色同順を説明したいと思いますィェ‐ィ v(´▽`v)))))).......((((((v´▽`)v ィェ‐ィ


三色同順(サンショクドウジュン)とは、3種類の色(萬子・索子・筒子)の
それぞれ同じ数字の並びの順子(シュンツ)をそろえるアガリ役です。

門前では2飜で、鳴いた時は食い下がりして1飜となります。

略して三色(さんしょく、もしくはさんしき)と呼ばれています。


こんな待ちに気をつけようよ(^○^)ろ(^○^)し(^ー^)く(^○^)ぺこm(_ _)m

②筒②筒 6索7索8索 六萬七萬八萬 ⑦筒⑧筒 ⑥ピン ⑦ピン ⑧ピン


上の例では、⑥筒か⑨筒がこれば和了ですが、
⑨筒では三色同順(サンショクドウジュン)となりませんので、三色同順(サンショクドウジュン)は成り立たない(;^_^A アセアセ・・・


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

三色同順(出現割合:3.46%)
三人麻雀を好む人は三人で打つ麻雀のテンポを好み、逆に四人麻雀を好む人は三色があるから四人麻雀! と言われるぐらい人気のある手だ。
牌効率と平和を視野に入れて打つとき、選択肢の一つとして睨んでおかなければいけないのが三色同順。二翻役でいながら基本的に平和が絡むので、四飜で満貫が見えると錯覚しがちだが、実際には20符四飜=5,200点や30符4飜で7,700点になりやすいので初心者でトップを狙う場合は注意が必要。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じ(ーΩー )ウゥーン


今から1時間後にはついに待ちに待った駿台予備校の友だちとの麻雀だよ♪
楽しみだなあ~~ワーイヾ(´ρ`)ノ゛ワーイ



おすすめ記事




posted by Q感謝感謝 at 17:56| Comment(0) | DORA麻雀 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。