2014年03月21日

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 103 $の負け & 映画「恋愛適齢期」に関して

今朝のFBS福岡放送 星占い 今日のあなたの運勢は?では最高の運勢だったので、
今日は新たなことに挑むべきか。。
ここ最近、入浴をやってみようかなと考えているんですが中々始めれてなかったんですよねヾ(;´▽`A``アセアセ
しかしながら、始めようと思うとちょっととは言えども買い揃えないと駄目だからね~┐( -"-)┌ヤレヤレ...
うん。。やりたくね~アセアセo(^^;o)Ξ(o;^^)oΞo(^^;o)Ξ(o;^^)oドウモ~♪

-----------------------------------

映画って本当に面白いですよね~
そう思うたびに映画の感想を紹介したいと燃えております!!!ヾ( ̄∇ ̄=ノ バンザーイ♪ヾ(_ _)ノ モヒトツヾ= ̄∇ ̄)ノ バンザーイ♪
と言ってもヤフーにある感想ですがわぁいヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪


今回は「恋愛適齢期」の感想を紹介しようかと思っています!!!( * ^)oo(^ *) クスクス


この映画の製作年は2003年です!!!!

監督はナンシー・マイヤーズとブルース・A・ブロックで、脚本がナンシー・マイヤーズです!!!!κ(`・´)κケケケケ♪

この映画のメインは、ジャック・ニコルソン (ハリー・サンボーン)やダイアン・キートン (エリカ・バリー)です!!!!(○ ̄ ~  ̄○;)ウーン・・・

取り敢えず、この映画の出ている人列挙するとジャック・ニコルソン (ハリー・サンボーン)、ダイアン・キートン (エリカ・バリー)、キアヌ・リーヴス (ジュリアン・マーサー)、フランシス・マクドーマンド (ゾーイ・バリー)、アマンダ・ピート (マリン)、ジョン・ファヴロー (レオ)、ポール・マイケル・グレーザー (デイブ)、レイチェル・ティコティン (マルチネス医師)、ケイディー・ストリックランド (クリスティン)、ローナ・スコット (Mrs. Gimble)ってな感じィェィ♪(v〃∇〃)ハ(〃∇〃v)ィェィ♪

やはりジャック・ニコルソンは達者だなぁ。



っつうか、あの年になって円熟味のある演技が

出来なければ、そもそもベテランとして生き残ってるわけないし、

観客が呼べる俳優なわけないんだけどさ。





ニコルソンの達者な演技を見るだけで

も甲斐はある一作だけど、若手と中堅も、

上手く噛み合っていて、役者の演技バランスは

とても心地よい作品だった。

ただ、やっぱり、どうしても、エリカが

作品を書き上げるシーンだけは抵抗が

あって、こんな状態で作品は書けないと、

何度見ても白けてしまうんだな。



もっとも、エリカは才能ある脚本家だから、

それもありなのかもね。



本作のキアヌは、演技にゆとりがあったね。

柔らかいコットンの手触りって感じだった。



役柄もあるかもしれないけど、でも、

命のかかわる病に対する医師という役を

演じる心のゆとりが出来たように感じられた。



ラストは、いかにもアメリカのファミリー物って感じだけど、

本作は、結局、「熟年の女だって、

小娘みたいな恋をしたいし、小娘みたいに

泣き喚きたいのよ」っていうことで

すから、こんなものでしょう。

ただ、私はキアヌ贔屓のせいか、どうしても「ラジオタウンで

恋をして」のリメイク版に感じられてならないんだけどね。





-----------------------------------

麻雀の役って一杯ありますよね~v(o ̄∇ ̄o) ヤリィ♪
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
という事で、今回は緑一色に焦点を当てたいと思います!!Ψ(*`Д´*)Ψグヘヘヘ!!


ルールによっては、發を対子(トイツ)または刻子(こうつ)で使うことを
緑一色の必須条件としている場合があるのです。


そもそも緑一色が日本に入ってきた当初は發が必須で、
二索三索四索六索八索のみで構成された手(いわゆる發なし緑一色)は
単なる断公九・チンイツとして取り扱っていた。

今の時代でも伝統的なルールを踏襲して、發なし緑一色を緑一色として認めないルールがある柱| ̄m ̄) ウププッ


緑一色が日本に持ち込まれた当時、得点の上限は満貫だった|゚ー゚||。_。||゚-゚||。_。|ウンウン


發ありの緑一色は当時からマンガン役として扱われていたが、
發のない形でも清一色と断公九の複合により数え満貫になった。


つまり發が含稀ようと含珍しいまいと得点は変わりませんため、
わざわざ發なしの形をマンガン役と定義しておく必要がなかった。


ところがその後点数体系がどんどんインフレ化してゆき、
タンヤオ清一色(チンイツ)の価値が相対的に下がってくると、
發を含まない形も緑一色として認めるようになり、
現時点ででは發の有無を問わないルールのほうが基本的になっている。

逆に「發を使わない」という条件を課した方が、使える牌種が5種となり難易度が上がるから、
發なし緑一色をダブル役満とする場合もある。


中国麻雀では緑一色は最高位の88点役に設定されているが、複合役を加算する結果、
發なし緑一色の方が發あり緑一色よりも価値が高くなっている。

すなわち、發ありの場合は緑一色(88点)と混一色(コンイツ)(6点)で計94点ですけど、
發なしの時は緑一色(88点)にチンイツ(24点)と断幺(2点)が加算されて計114点となりますホホホ!(^O^)

なお、比較的よく知られたローカル役満でしょう一色四順にとっては唯一の複合可能役であるオーイッ!!L(゚□゚o)オーー(゚|□|゚)ーーイ!!(o゚□゚)」オーイッ!!


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


DORA麻雀とは

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

緑一色(出現割合:0.0011%)
ソーズの2.3.4.6.8.發の緑のみで作られた手。
理論上は發を含まずにも完成でき、さらにルールによっては發を必ず含まなければいけない場合もある。DORA麻雀では發が無い場合でも緑一色ならば役満の扱いとされる。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じの説明です。r(-◎ω◎-) 考え中.....


今晩はこの辺で
今日は何故か指が痛い。。治ってほしいなあ。。
お休み!お(^o^)や(^◇^)す(^〇^)み(^-^)で(^・^)チュッ♪



おすすめ記事




posted by Q感謝感謝 at 10:32| Comment(0) | DORA麻雀 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。