2014年04月16日

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 70 $の負け & 映画「ぜんぶ、フィデルのせい」の感想

本日のめざましテレビ 今日の占い Count Downではかなり良い結果でしたので
今日は新たなことに挑戦してみようかな?
ここ最近、Dr.マリオをやってみたいと思ってるんですよ[壁]・m・) プププ
新しいことってゲームなんかいってツッコミが入りそうですが。。
遊びって人生において重大な要素ですトウジョウ!( ̄( ̄( ̄-( ̄―( ̄―――+ ̄)― ̄)- ̄) ̄) ̄)フフ
共感??
必要ねえうふ♪(* ̄ー ̄)v

++++++++++++++++

ここんとこ映画にぞっこんLOVEなのでレビューをご紹介したいと思います!!!ヾ(゚Д゚)ノ ウケケケ・・ケーッケケケケケ

は?自分の紹介文は??
という感想はスルーでウキャキャ♪ヽ┤゚◇゚ ├ノヽ┤ ゚◇゚├ノ ウキャキャ♪


今回は「ぜんぶ、フィデルのせい」の感想について紹介しようかと思っています!!_( ゚Д゚)ノ彡☆ギャノヽノヽノヽノヽ!! ノヾンノヾン!!


この映画が作られた年は2006年です!!!

監督はジュリー・ガヴラスで、脚本がジュリー・ガヴラスです!!!《《《《♪♪(*´▽`*)ノ゛うふふ~

この映画のメインは何と言っても!!!ニナ・ケルヴェル (アンナ)とジュリー・ドパルデュー (マリー(アンナの母))です!(-_-)ウーム

この映画の俳優さんは、ニナ・ケルヴェル、ジュリー・ドパルデュー、ステファノ・アコルシ、マリー・クレメールって感じですねヤッター!(^.^)>(^.^)>\(^_^)/

裕福な家の娘アンナ。



パパとママが共産主義活動にのめり込み、

生活が一変。



大きな家から狭いアパートに引っ越すことに

なる。



しかもアパートには得体の知れないヒゲ面で

タバコをプカプカふかす変なオジサンが

大勢四六時中出入りしている。



共産主義って?団結の精神って?核戦争って?パパもママもどうしちゃったの?という訳で

世の中も自分の周りも分らないことだらけ、

以前の生活に戻りたいアンナは不満だらけで

いつもふくれっ面。



でも時折パパから褒められたり、遊んで

もらえた時に見せる子供らしい笑顔が

印象に残る。



周りの大人のやっていることが理解で

きない、でも、知りたくて仕方がない。



子供の頃なら誰もが感じる事。



そんな等身大の子供の気持ちを演じたアンナ役の少女の演技力に

驚かされた。

テーマは子供の成長なんですね。



これもアンナには分らない、中絶って?子供は

どうやって作るの?という性に初めて興味を

示す女の子の素朴な気持ちや成長を

70年代の時代背景や価値観、世相を

絡めた盛りだくさんの内容ながらも全てが

アンナの知りたい事であり、アンナの視線で

あるので散漫にならずに楽しめる作品に

仕上がっています。





時には程よくコメディタッチで描かれ、

(特に分かったようでとんちんかんな事を

言うアンナがかわいいです。



)ちょうどいい尺によくまとめられた、

可愛らしくていい映画です。

ラストシーンは自分で転校を決断し、

そのあまりにも環境の違う転校先で

しっかりと自分の足で立ち、子供たちの輪に

入っていくアンナの姿に感動しました。





++++++++++++++++

麻雀の役って一杯ありますよね~。(*'ー'*)ふふっ♪
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!
という事で、今回は小三元に焦点を当てたいと思います!!!!ヽ(´▽`)/へへっ


二翻役ではあるが、必ず三元牌(さんげんはい)(役牌)が2つ付くため実質四ハン役ですね。


三元牌(白發中)のうち、2つを刻子(コウツ)に、1つを雀頭にした時に成り立つ。

全部刻子(コウツ)にできれば大三元という役満になります。

一般的には2鳴きした際点で残りの一つは出てこなくなるため、
最後は自力で引きこんでくる必要があります。

河に2枚出ている状態で単騎待ちをすればもしかしたら出てくるかも知れない……が、過度な期待はしませんように。

運よく暗刻(アンコ)で構えることができたなら一気に和了りやすい役と化す。
……そういう場合に限って相手が残りを握っているんですけどね(;´Д`A ```


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


------------------------------------------------------

小三元(出現割合:0.15%)
こちらも混老頭と同じで、満貫が約束されている役。
ただ小三元の特性はやはり警戒されること。白と中でポンをした場合、なかなか發は出てこない。しかしパオ(責任払い)が存在しないDORA麻雀ではトップを取りにラスが捨てるケースも考えられなくは無い。喰い下がりなら、せめて混一色を入れながら色を特定されるのは避けたいところだ。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じの説明です。`s(・'・;) エートォ...


今から12時間後には待ち焦がれた中学2年の友だちとの麻雀です。
楽しみだあひゃひゃひゃひゃ(≧∀≦*)

DORA麻雀でトーナメントしたい


DORA麻雀




おすすめ記事




posted by Q感謝感謝 at 19:39| Comment(0) | DORA麻雀 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。