2014年03月27日

DORA麻雀の役「三槓子」 & 映画「忍たま乱太郎 夏休み宿題大作戦!の段」の感想

やばいな最近受けた検査の結果を渡されました。ー((( ^o^)ー(( ^o^)ー  一緒に落ちます♪

診断結果が最悪o(゚ー゚*o)=3=3ウロウロε=ε=(o*゚ー゚)o

とにかくダイエットをしないといけないから
う~ん、ダイエットか。。。・゚゚・( ̄┏Д┓ ̄°*) ・゚゚・。ウワァーン!!

減食するのは無理なので
運動なんだろうねヤレヤレ<(´ロ`')o

何がミーに適してるかな?(;^_^A アセアセ・・・
手軽にできるスポーツと言えば柔道でしょうか
俺に限っては(; ̄ー ̄川 アセアセ

けれども、独りでやるとやると続けるのはむずかしいだろうな~ブン( ̄ω ̄= ̄ω ̄)ブン
誰か一緒にやってくれる仲間を探すべきだな(´m`)クスクス

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ここ最近映画にハマっているのでオススメ映画の感想をご紹介させて頂きたいと考えていますo(≧∇≦o)(o≧∇≦)o イエーイ

え!?自分の紹介文じゃないの?
って感想はスルー( ̄▽ ̄)うへへへぇ~


本日は「忍たま乱太郎 夏休み宿題大作戦!の段」の感想について紹介しようかと思っています!(T▽T)アハハ!

この映画の主役は猪名寺乱太郎 (加藤清史郎)や摂津のきり丸 (林遼威)です!!σ(゚・゚*)ンート・・・

この映画に出てくるキャラを列挙すると、猪名寺乱太郎、摂津のきり丸、福富しんべヱ、大川平次渦正、稗田八方斎、山田伝蔵、山田利吉、潮江文次郎、立花仙蔵、善法寺伊作ってな感じ。( `ι´;)ククク

前回の実写映画で辟易していたので、今回は正直行きたくなかったのですが、子供にせがまれて結局見に行きました。結論から言うと、結構良くできてました。いろいろと鼻につく演技や生理的に受け付けない演出もありましたが、アクションシーンとかなかなか良くできていたし、ギャグもほどよく効いていた感じです。見てから知りましたが、監督が変わっていたんですね。

逆に、本当に子供向けに作られた映画なら、こうあるべきなのかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか?



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

麻雀の役って一杯ありますよね~(●⌒∇⌒●) わーい
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!!
という事で、今回は三槓子を説明したいと思います!ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ ランラン♪


三槓子というのはリスクの割に安い役ですね。
ここでは、先生役の熊川と生徒役の原の2人に出てきてもらいましょう。


・カンを3回する(=槓子(4枚組)を3つ作る) 暗槓(アンカン) 明槓どちらでもOK
・ポン チーしてもハン数に変化はない
・カンするたびにドラが増えるので 相手を有利にさせることにもなる


熊川『これは「槓子(カンツ)/槓子(カンコ)」を3つ用意すればいいのです。』


原『じゃあよ、全部 アンカンの際、さっき覚えた「三暗刻(さんあんこー)」も複合するわけなんだろう('_'?)...ン?』


熊川『理屈上はそうです!この場合は「三暗刻(サンアンコー)+三槓子(サンカンツ)」になる_(-_- )ノ彡☆ばんばん!

また、前はに紹介した「対々和(といといほー)」などとも複合するため、注意しましょう
一般的に麻雀では「3枚1組」の「コーツ」が「4枚1組」の「槓子」になっても、役割はあまりかわりません。

ただしですよね、この役は本当に登場しません! 

まだ役満の「四暗刻(スーアンコ)」などのほうが見かけます。

相手にこの三槓子(さんかんつ)をあがられた場合でも
「むしろ見れてちょっと嬉しい」ぐらいの勢いがあります┫ ̄旦 ̄┣ ロボにやり!』


原『おっしゃるように理屈上は「三暗刻+三槓子(サンカンツ)」みたいなことも可能ですが、三槓子(さんかんつ)単独でも見かけないです…。

私のデータでは普通の役の中で唯一、役満より出現率低いです┐( -"-)┌ヤレヤレ...』


熊川『この役は、はじめっから「三槓子」を狙ってやろう!と思って、
できる役じゃなくて、なんとなく流れで「サン槓子(4枚組)」を狙える状態になってしまった、なんて際にしか出来ない'v' プッ

配られた時点から「よし!三槓子狙おう!」とか普通はないですよね。

ドラが3種類も増えることになるんですから、非常にカオスな場がつくりだされます。

またカンを2人以上の人間で4回やってしまうとゲームが途中で終わってしまうルールがある。

これは「四開槓(スーカイカン)」と呼ばれるルールで、

2人以上で4回のカンが成立した時点で流局の扱いになります。』


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

三槓子(出現割合:0.005%)
実は役満と同じぐらい出現率が低いのが三槓子。
カンを三回やるだけ、というと簡単そうに聞こえるが、そもそも明槓をしたとしてもそう簡単ではない。それもDORA麻雀でも四回カンをしたら流れる「四槓散了」を採用しているので難易度はさらに上がります。加えて、ドラの扱いが非常に怖い。勝負手でカンを繰り返し結果的に三槓子なら良いが、「とりあえずカン!」を繰り返し三槓子が付く状態でテンパイしただけならむしろリスクの方が高いかも。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じo(´^`)o ウー


本日はこの辺で!
けど今日は目が痛いなあ
疲れたので寝よ~っとオヤスミ (*~¬~*)/。・:*:・゚★,。・:*:・゚☆



おすすめ記事




posted by Q感謝感謝 at 10:57| Comment(0) | DORA麻雀 | 更新情報をチェックする

DORA麻雀の役「九蓮宝燈」 & 映画「ネル」の感想

今朝のズームイン!!SUPERあかさたな占いでは大吉?扱いだったので、
今日は新しいことに挑むべきか。。
ここんとこ、バスケットボールにハマってみよかと思案してるんですが中々始めれてなかったんだよね( ̄ー ̄)ニヤリ( ̄ ̄ー ̄ ̄)ニヤリ( ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄)ニヤリ
だけど、始めるとなると様々なものを必要なものを買いに行かないと駄目だからね~(・Θ・;)アセアセ…
あーあ。やりたくなくなる((-д- 三 -д-))ウウン

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

映画って本当に面白いですよね~
・・・という訳で映画の魅力を紹介したい!と考えていますd=(´▽`)=b ィェーィ♪
とは言ってもyahooレビューですが|* ̄ー ̄|


今回は「ネル」の感想ですね!( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)ニヤリ


この映画の製作年は1994年です!!

監督はマイケル・アプテッドで、脚本がウィリアム・ニコルソンです!!((( ̄( ̄( ̄( ̄ー ̄) ̄) ̄) ̄)))フッ

この映画の主役はジョディ・フォスター (ネル・ケルティ)やリーアム・ニーソン (ジェローム・“ジェリー”・ロヴェル医師)です!!!!「(゚~゚o)ウゥーン

この映画の他の俳優さんを列挙すると、ナターシャ・リチャードソン、ジェレミー・デイビス、リチャード・リバティーニ、ニック・サーシーって感じですねv(・_・) ブイッ

かなり期待して見たんですが、期待ほどすごい映画で

はありませんでした。



長かったし、イマイチ伝わることが

少ないです。



あと多くの方と同様、俺もジョディ・フォスターみたいに

すでに大スターであった人がネル役を

するのは無理があったと思います。



確かに売れてない新人だともっといい感じだったかも・・・。



とはいえジョディの演技は説得力が

あって素晴らしかったと思います(↓みたら主演女優賞に

ノミネートされてるわ、やっぱり!)。





ただビリヤード場などのシーン等で

むやみに裸になって欲しくなかった。



もっと羞恥心を持ってくれ!あとリーアム・ニーソンの演技は

良くもなく悪くない感じでした。

【点数】ジョディの体を張った所が

評価できますが、中身自体の内容が

薄いです。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

麻雀の役って一杯ありますよね~。♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪ランラン
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!
という事で、今回は九蓮宝燈に焦点を当てたいと思います!!!...8-|κ`∀´|κ ウケケケ!!


九蓮宝燈は特殊な形のメンチンでしょうと定義できます。
すなわち同色の数牌で次のような完成形を作った際に成り立つ( ̄ー ̄)(ー_ー)( ̄ー ̄)(ー_-)ういうい♪


一萬一萬一萬二萬三萬四萬五萬六萬七萬八萬九萬九萬九萬 + 任意の同色牌


面前(メンゼン)でなければならず、チー・ポンは言うまでもなくのこと、1や9を暗槓(アンカン)した形も認められない。

また、九蓮宝燈(チュウレンポウトウ)のテンパイ形から立直を掛けた場合、4枚目の1や9を引いてきてもアンカンできませんε=ε=ε=┏( ̄ρ ̄Ξ ̄ρ ̄)┛キョロキョロ


元来は後述する9面張の形でなければ九蓮宝燈として認められなかったが、
今一般的なルールでは待ちの形は問われず、
最終的な完成形が上の牌姿になっていれば九蓮宝燈(ちゅーれんぽーとー)として認められる。

つまり9面張ではない以下のようなテンパイ形からアガリしても九蓮宝燈(ちゅーれんぽーとー)になる【壁】ρ(▼へ▼、メ) イヂイヂ


一筒一筒一筒三筒四筒五筒五筒六筒七筒八筒九筒九筒九筒 の形で、二筒でアガリ。
ワクワク}}


このような9面張ではない形は、古くは「準正九蓮宝燈」「準性九蓮宝燈」
「準九蓮宝燈」と呼ばれることがあったオッケー☆⌒c( ̄▽ ̄)

けれども、「純正」と「準正/準性」が同音であるからまぎらわしく、
「準」の字を使う言い方は既に廃れている。

現在は「じゅんせい九蓮」と言えば9面張の形である「純正九蓮宝燈(ちゅうれんぽうとう)」を示す)))))))))))(・・)/すたた


その華麗な牌姿から数多くの打ち手が憧れる役満の筆頭であり、
麻雀最高峰の役とされているが、それだけに難度が高く、
天和(テンホー)・地和と並んで希少価値が高い。

和了りのパターンとしては、清一色から手が伸びて九蓮のテンパイになり、
高目となる牌でアガリ、という形が其れ程でしょう(・0・)ゞ アイアイサァー!

1と9が早い段階からトイツ以上だったり両方とも暗刻だったりすれば、
多くの打ち手が九蓮宝燈(ちゅーれんぽーとー)を意識するものの、
最終的に純正9面待ちになるのは非常に稀ですね。


実際、コナミの麻雀格闘倶楽部が2003年10月に集計した統計記録によると、
高目九蓮宝燈(ちゅうれんぽうとう)は全役満19万1724件中308件で0.16%、

これに対し9面待ちの九連宝燈は32件で0.0167%であった(=´ー`)ノ ヨロシク
(ただし、当時の麻雀格闘倶楽部では「九蓮宝燈(ちゅうれんぽうとう)は萬子のみの役」
というルールになっていた)



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


天牌


ドラ麻雀にルールだ。Ⅵ

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

九蓮宝燈(出現割合:0.00045%)
九蓮宝燈も若干ルールによって変化するであろう役満。
DORA麻雀では九面待ちでダブル役満になるローカルルールは採用されていない。
また、九蓮宝燈はマンズかどうか? と気になるところだが、DORA麻雀ではマンズ、ソーズ、ピンズの全て九蓮宝燈を採用している。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じの説明です。( ̄-  ̄ ) ンー


本日はこの辺で!
しかし今日は何故か頭が痛い。。治ってほしいなあ。。
疲れたので寝よ~っと(*'O'*)お(*'∇'*)や(*'・'*)す(*'ー'*)み♪

DORA麻雀は東風戦




おすすめ記事




posted by Q感謝感謝 at 03:45| Comment(0) | DORA麻雀 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。